気候変動と博物館資料

気候変動の表紙の画像

地球規模での気候変動は、多くのものに影響を与えています。その影響は、暴風雨による劇的な被害、海水面の上昇、動物の移住パターンや生息地の変化、あるいは汚染物質による健康への被害拡大の懸念、これらに限ったものではありません。天気のパターンや温度の変動は、わたしたちが毎日享受し、またそこからさまざまなインスピレーションを得ている、世界の文化遺産の長期的視野での保存にも影響を与えています。
気候変動に伴うさまざまな脅威は、屋外の環境にだけ存在するのではありません。博物館内にある、繊細で、また壊れやすい貴重な品じなも影響を受けます。博物館や邸宅のコレクションのうち今までは環境のコントロールが必要ではなかったものも、近いうちに必要となることでしょう。環境を制御するシステムで守られてきたコレクションは、システムが更新されたり、機能拡張されたりしていない場合には、さらに大きなリスクに晒されることになるでしょう。歴史的建造物、公共の記念物、そして考古遺跡における保存管理プランが常に効果的であるためには、気候変動を考慮したものが必要となります。

Participants: 
The National Gallery London
IIC
Date: 
Tuesday, 16 September, 2008 - 23:00
Place: 
Westminster
London
United Kingdom

Login to join the discussion

If you are a member, you can log in to join the discussion.