News

在不可想象的灾难再次发生前

图像的在不可想象的灾难再次发生前的封面

减震研究与文化遗产保护的运用国际圆桌讨论会
如果数据正确的话,许多世界文化中心在本十年内都将遭受重大的地震活动影响,而且许多已经遭受了地震带来的重大损失(意大利Abruzzo的地震只是其中之一)。时间正在流逝,我们必须马上采取行动。联合行动,相关研究和政策的执行都是刻不容缓的,只有这样世界文化瑰宝的大部分才能免受损害。
来自五个经常发生地震的国家的八位同仁们共聚一堂,和在座的各位一起探讨一系列相关问题。他们是当今国际上关于地震学,工程学,教育,政策以及减震装置安置等方面最优秀的专家,他们的学识和贡献都是无可否认的。

21 Jul 2009
Tokyo
Japan

考えられないことは、再び発生する前に

考えられないの前にの表紙の画像

震災被害軽減のための研究とその文化遺産への応用に関する国際円卓会議
統計が正確であれば、この10 年間で世界の文化の中心地の多くが大地震を経験することが予想されており、すでに多くの場所が、最近起きた深刻な地震の被害を受けています(イタリアのAbruzzo の地震はそのうちの一つ)。従って、現在は文化財の保存にとって好ましい状況ではなく、迅速な対処行動を最優先とすべきです。研究と実施、方針の開発とすそ野を広げる活動において、共同で努力することの必要性は明らかであり、危機に晒されている多くの世界文化遺産を守ることほど重要なことはありません。
定期的に大地震が起きる5つの国から8人の仲間に集まっていただきました。彼らは、一連の問題について検討し、お互いに、また聴衆の皆さんと共に、前進するための方法を議論することに賛同して下さいました。彼らは、地震学や工学、教育、政策および地震被害軽減の実現に関する分野で、現在まで大変優れた国際的な研究を行っており、専門知識や研究に対する献身によりそれぞれの分野を牽引されています。

21 Jul 2009
Tokyo
Japan

Prije nego se opet dogodi nezamislivo

Slika naslovnici prije nego se opet

Međunarodni okrugli stol i rasprava o nužnosti istraživanja načina ublažavanja posljedica od potresa s primjenom na kulturnu baštinu.

21 Jul 2009
Tokyo
Japan

Πριν συμβεί το αδιανόητο και πάλι

Φωτογραφία εξωφύλλου πριν συμβεί το αδιανόητο

Μια Διεθνής Συζήτηση Στρογγυλής Τραπέζης που εστιάζει σε ζητήματα σχετικά με την προστασία της πολιτιστικής κληρονομιάς από σεισμική βλάβη.

21 Jul 2009
Tokyo
Japan

気候変動と博物館資料

気候変動の表紙の画像

地球規模での気候変動は、多くのものに影響を与えています。その影響は、暴風雨による劇的な被害、海水面の上昇、動物の移住パターンや生息地の変化、あるいは汚染物質による健康への被害拡大の懸念、これらに限ったものではありません。天気のパターンや温度の変動は、わたしたちが毎日享受し、またそこからさまざまなインスピレーションを得ている、世界の文化遺産の長期的視野での保存にも影響を与えています。
気候変動に伴うさまざまな脅威は、屋外の環境にだけ存在するのではありません。博物館内にある、繊細で、また壊れやすい貴重な品じなも影響を受けます。博物館や邸宅のコレクションのうち今までは環境のコントロールが必要ではなかったものも、近いうちに必要となることでしょう。環境を制御するシステムで守られてきたコレクションは、システムが更新されたり、機能拡張されたりしていない場合には、さらに大きなリスクに晒されることになるでしょう。歴史的建造物、公共の記念物、そして考古遺跡における保存管理プランが常に効果的であるためには、気候変動を考慮したものが必要となります。

16 Sep 2008
Westminster
London
United Kingdom

Entre la Demeure et l’Histoire: gérer l’interface entre préservation et développement des lieux historiques

Image de la couverture de: entre la demeure et l’histoire

Cette table ronde, la dernière en date de la série de l’IIC Dialogues du XXIème siècle, examine les conflits qui peuvent émerger lorsque nos désirs de préservation des lieux historiques qui sont aussi des lieux de vies pour des communautés contemporaines sont mis à l’épreuve par des pressions pour le développement, l’assainissement ou la régénération de quartiers anciens. Si la valeur d’un lieu réside à la fois dans sa mémoire historique et dans le fait qu’il est un lieu de vie, comment cette valeur peut‐elle être préservée?

20 Sep 2010
Istanbul
Turkey

Konzervacija u krizi

Podobo naslovnici konzervacija u krizi

Razgovor između Anna‐u Somers Cocks, osnivača i urednika časopisa The Art Newspaper, i Samuel‐a Jones, vođu sajta Demos think‐tank i koautora veoma uticajne publikacije “Ovo je materijalni svet: Briga za javno dobro”( It's a Material World: Caring for the Public Realm), da učestvuju u diskusiji da li je konzervacija u krizi i kako možemo napredovati u komunikaciji o široj vrednosti onoga što profesionalni konzervatori rade.

28 Jan 2010
London
United Kingdom

التغيير المناخي

صورة غلاف التغيير الڡناخي

تغير المناخ في كوكبنا الأرض فيه مضامين يزيد تأثيرها الدرامي إلى ماوراء العواصف وارتفاع منسوب المياه، والتغيرات في أنماط الهجرات والمواطن أو حتى الاحتمالات لإرتفاع المخاطر الصحية من الملوثات. أنماط الطقس وتقلبات درجة الحرارة أيضاً يؤثر على المدى البعيد للمحافظة على كنوز العالم الحضارية والتي نتمتع بها وتلهمنا في كل يوم.

16 Sep 2008
Westminster
London
United Kingdom

Pages

Subscribe to IIC news feed